フランスでは夫婦でデザインが違う?!

フランス人の指輪の探し方!

世界で一組だけのペアリングも、フランスではお互いに好きなデザインでないなら無理に選ばなくてもいいという風潮があります。お互いに好きなデザインが一番という文化なので、デザインがそれぞれ違う場合もありますよ。シンプルなデザインの多いフランスでは、日本人よりお金をかけることなく身の丈に合った指輪を選ぶ傾向がありますね。日本のように結婚指輪はプラチナ!ではなく、ゴールドかシルバーが主流。好きなデザインで好きな形の指輪をそれぞれが着けていますよ。結婚指輪という形式にこだわらないフランスではデザインのばらばらな夫婦も多く、同じデザインという考えは少数派ですね。例えば、フランスと日本の国際結婚の場合も、フランス人はシンプル、日本人はプラチナということもあります。

夫婦で別々の結婚指輪!

フランス人は日本に比べて結婚式にお金をかけず、永く愛用する結婚指輪も自分の好みを優先したいと考えます。好みが似ている夫婦ならお揃いもありえますが、男性はシンプルで違和感を感じない着け心地、女性は少しデザイン性のあるものを好む傾向があるようですね。フランスでは好みの違いは当たり前という風潮なので、いつも身に着けていられそうなデザインであれば、お互いにデザインが違っていても尊重できるようです。デザインが違っても十分ペア感を感じられるのでしょうね。フランス人の需要が大変少ないので、ブランド物の結婚指輪の専門店も少ないですし、フランス人は手頃な値段を好みます。フランスのお店では高級な指輪はお取り寄せになったりしますね。

多くのジュエリーに関するお店が大阪にあります。結婚指輪を大阪で購入したいなら実績と口コミ情報をチェックしてから利用先のお店を決めます。

© Copyright Left Hand Ring Finger. All Rights Reserved.