アメリカでは2種類の指輪を重ね付けする?!

日本人の考える結婚指輪とアメリカ人の考える結婚指輪の違い

結婚指輪は、結婚した記念として夫婦2人で購入しそれぞれが身に着ける指輪をいいますが、日本ではペアで揃えるのが一般的ですね。男性用が少し太め・女性用が少し細めという感じで。毎日身に着けて外さないものだから、仕事や家事の邪魔にならないように、色はシルバーで細身、シンプルなデザインで、素材は傷ついたり変形したりしにくいプラチナ製、というのが日本人のイメージする結婚指輪なのではないでしょうか。

それに対して、アメリカ人の考える結婚指輪は全く異なります。そもそも夫婦ペアで揃えるという発想はないようです。夫婦で色や素材感は揃えるものの、それ以外は夫婦それぞれ自分の満足する指輪を選ぶのが普通です。男性は太めの無骨な指輪を選ぶ人が多いですし、女性はぐるっと一周宝石(特にダイヤモンド)で囲んであるデザインを選ぶ人が多いようです。

アメリカ人女性は、結婚指輪と婚約指輪を重ね付けします!

日本では婚約指輪は結婚式の時に身に着けて、普段は無くさないようタンスの中にしまっておくというのが普通ですね。たまにパーティーなどでおめかしするときに身に着けるぐらいで。でも、アメリカ人女性は違います。婚約指輪も結婚指輪も普段使いするのがスタンダードです。しかも、2本重ね付けします。スーパーのレジ打ちのおばちゃんやデパートのお掃除のおばちゃんでも2本重ね付けしている人がいるくらいです。

アメリカ人女性は、2本重ね付けするのが前提なので、重ね付けたときに上品にゴージャスになるよう、婚約指輪とマッチするように結婚指輪を選びます。ですから、大きなダイヤモンド1粒の婚約指輪と一緒に着けたときにピッタリ合うよう、前述したようにぐるっと一周宝石で囲んであるデザインの結婚指輪を選ぶんですね。

ダイヤの指輪を購入する際にデザインを重視する方もいれば、予算内で買うことが大切という方もいます。そこで自分が重視したいポイントから、条件に合致するお店を探すことが大切です。

© Copyright Left Hand Ring Finger. All Rights Reserved.