二人の誓いを目に見える形で・・・

結婚したということを常に意識することができる

結婚指輪を目に見える形で身に着けておくことで、常に結婚したことを意識することができます。結婚と言っても結婚式をしたり入籍届を提出したりするだけでは、なかなか実感がわきにくいかもしれません。ですが、指につけた結婚指輪を見ることで徐々に実感として結婚を意識することができるようになるでしょう。例えば、料理をしている時に、結婚指輪は目に入りやすくなります。そのような時に、配偶者の為に料理を作っていること、家族が増えたということを意識することができます。また、仕事中も電話をする時やメモを取る時に結婚指輪は自然と目に入ります。仕事中も、自分には結婚相手がいるということを意識できます。そうすることでさらに仕事にも身が入るでしょう。

周囲にも結婚したことをアピールすることができる

浮気や不倫が心配という場合も結婚指輪は効果絶大です。「良い感じの人だな。」と思うことがあっても、左手の薬指に結婚指輪がはまっているとアタックすることを諦める場合が多いです。お互いに異性からの不要なアプローチを受けないために結婚指輪を身に着けておくことは有効です。結婚指輪には、「結婚相手がいる。」ということを単にあらわすだけでなく、「自分には、愛を誓った相手がいる。」ということを周囲にアピールする意味があります。結婚指輪をしている人にはうかつに手をだすことができません。また、異性以外にも結婚をアピールすることは有効です。例えば、上司には「結婚したことでさらに仕事に力を入れている。」ということをアピールすることができます。

結婚指輪を銀座で探すと、高級感のあるデザインを見つける事が出来ます。価格帯も自由に選べるので購入しやすいです。

© Copyright Left Hand Ring Finger. All Rights Reserved.